生え際に効く発毛剤

ミノキシジル・プロペシア・市販育毛剤それぞれの副作用

ミノキシジル

ミノキシジルと副作用

ミノキシジルは、血管を拡張して頭皮の血行を改善することで発毛を促進するという効果があります。

元々は高血圧患者の治療薬として開発されていた成分です。

効果が期待できる分、高濃度のミノキシジルの場合には副作用があります。

具体的には、頭皮に発疹やかゆみ、かぶれが出たり、頭痛やめまい、体重増加や手足のむくみ、肝機能障害などの副作用が多く報告されています。

頭皮につける外用薬よりも内服薬として使うタブレットのほうが効果は期待できるとされています。

→ミノキシジルと同等の効きめで、強い副作用はない育毛剤はこちら

プロペシアと副作用

プロペシア

AGAの治療薬として処方されるプロペシアは、5αリダクターゼに働きかけることで抜け毛を抑える効果のある育毛剤です。

副作用の症状は、頭痛、腹痛、勃起障害、下痢などが人によっては出るとされます。

副作用が出た後に服用を止めたら改善する場合が多いですが、症状が改善しないこともあります。

また女性は服用できませのし、手に触れることも禁止です。

特に妊娠中の女性がいる場合には、薬の取り扱いを慎重にしなくてはいけません。

AGA治療薬の注意点

ミノキシジルやプロペシアは、AGAの治療薬として広く使われていて薄毛治療のクリニックで処方してもらうことが出来ます。

個人輸入だとクリニックの処方より安く手に入れることができますが、医薬品のため取り扱いには注意が必要です。中には粗悪品も出回っています。


効果が強く副作用の注意がある薬ほど、もし持病や隠れた病気がある場合、副作用が命取りになってしまいます。

ミノキシジルもプロペシアも万一気になる副作用が出てしまった場合には、すぐに使用を中止することが大切です。

市販の育毛剤の副作用

市販品の多くは医薬部ではありませんので副作用は少ないと言えます。

ドラッグストアやネットで手軽に購入することが出来るのは、医薬部外品や化粧品に分類されている育毛剤です。

一般的な育毛剤にある副作用としては、成分が合わない場合に頭皮の発疹やかぶれ、かゆみなどが生じます。

またどのような育毛剤もですが、効果が現れる前に一時的に抜け毛が増えることがあります。

初期脱毛と呼ばれるもので、この症状の出方には個人差があります。

早い人では数日から脱毛が増え始め、数日から数週間で収まりますが中にはもっと長く続くこともあります。

育毛剤を使えば髪の毛が生えると思っていたのに抜け毛が増えることで驚いてしまいますが、これはそれほど悪い副作用ではありません。

初期脱毛で抜けている毛というのは未熟なまま成長してしまった毛です。
薄毛になるということは、正しいサイクルで髪の毛が育っていない証拠ですが、この毛髪サイクルの乱れた細くて弱い毛が一旦抜けてリセットされることで次には太くて健康な髪の毛を生やすことが出来るのです。

初期脱毛は育毛剤の効果が出始めている証拠と言えますので、怖がって育毛剤の使用をストップするのではなく、次に健康な髪の毛が生えるまでの過程だと捉えましょう。

→いま使用者の満足度が一番高い育毛剤を見る

薄い生え際に効く育毛剤トップに戻る