生え際に効く発毛剤

髪の毛に良い食べ物と栄養素

育毛の為には、毎日規則正しい生活とバランスの良い食事をすることが重要です。

男女問わず最近では薄毛に悩む人が増えていますが、薄毛対策としてとても重要のが日常の食習慣です。

食事というのは私達が生きていく上では欠かせないものですが、食事はただすれば良いというわけではありません。

健康な体のためにも髪の毛のためにも、必要な栄養をしっかりと摂取しなければなりません。

間違った食事は体に様々な悪影響を及ぼします。
それは頭髪にも言えることで、間違った食事では育毛に必要な栄養を摂取することが出来ません。

髪の生成に特に重要な栄養素は主にタンパク質・ビタミン・亜鉛の三種類です。

特にタンパク質は重要で、髪というのはケラチンというタンパク質によって構成されています。

髪の毛を構成しているという意味ではこの三種類が重要ではありますが、育毛のメカニズムというのはそう簡単ではありません。

例えば、脂質は頭皮に良くないものというイメージがありますが、脂質も糖質も毛髪育成には必要です。

全く摂らずに不足してしまうとそれも脱毛の原因となります。

育毛に良い食事というのは、特定の食べ物を集中的に食べるのではなく、野菜と魚を多く摂り、そこに大豆製品や脂質や糖質を加えバランスよく摂るのが一番です。

食事をとる時間帯も大切

バランスの良い食事と共に重要なのは、食事を行なう時間帯です。

ホルモンバランスが崩れてしまうのも薄毛の原因となりますが、食事の時間帯が不規則だとホルモンバランスが崩れる原因となってしまいます。

食事はできるだけ毎日同じ時間帯に摂るようにしましょう。

育毛に悪い食べ物とは

では、育毛や髪の毛にとってよくない食べ物は何でしょうか?

それは、主に血管を詰まらせて、血液をドロドロに詰まらせるようになるものと考えるわかりやすいでしょう。

血管
血液は人間の体を、そして髪の毛を作る栄養です。

血管はそれを運ぶ道路ですから、その血液がドロドロだとスムースに栄養を循環させることはできません。

具体的に血液をドロドロにする食べ物とは、過剰な糖分と脂肪です。

砂糖をたくさん使ったお菓子や飲み物、そして飽和脂肪酸の多い動物性の肉の脂身、トランス脂肪酸のマーガリンや揚げ物などは血液をドロドロにします。

また、これらは、髪の毛、育毛だけに悪影響があるということではなく、糖尿病、高血圧症、ガンなどなどさまざまな病気の原因にもなりますので、あまり頻繁に摂らないことを心がけましょう。

人間の一つの体は全て繋がっています。一箇所悪くなると、合併症を起こすことも頻繁にありますので注意してください。

病気は一度なってしまうと、治すのに何年もかかったり、または一生治らないということもあります。

薄毛もそうですが、手遅れにならないうちに対策を打つということが一番の対処法と言えます。


育毛も健康も毎日規則正しい生活をして、バランスの良い食事を行なうことが何よりも大事なのです。

どうしても不足しがちな栄養素があるという場合には、育毛サプリメント育毛剤なども使い栄養を補うようにしましょう。

日頃から、食事は腹八分目を意識しておくと生活習慣病を防ぎやすくなります。

そして、食べ過ぎたと思ったら、その次の食事は食べる量を減らすとか野菜中心にするとか、1時間ウォーキングするなど自分でルールを作ると良いでしょう。


育毛に良い食べ物

薄い生え際に効く育毛剤トップに戻る