ヘアカラーとヘアマニュキアのちがいとは

ヘアーカラー

ヘアカラーとは

ヘアカラーやヘアマニュキアなどは髪を茶系などに染めるときに用いますが、具体的にはどういった違いがあるのでしょうか。

ヘアカラーは髪の毛の色を一度抜いて、髪の毛の外側と内部にも色を入れるもので、しっかりと色を長持ちさせたいときに使用します。

髪の内部から色を入れる分長く持ちますが、そのぶん髪への負担も大きくなります。

日本人の多くの人の髪は黒いですから、まずは色を抜いてからでないと、色が染まりにくい傾向があります。

色の持ちは2か月前後ですが、髪が傷んでいる場合は落ちが少し早くなります。

シャンプーでは色は落ちることはありませんが、新しい髪が伸びてくると色が2段になってしまいます。

ヘアカラーの頻度が多い人はどうしても髪への負担が蓄積していきますので、抜け毛や薄毛が気になる人はできるだけ控えるか、トリートメントや保湿などでヘアケアをしっかりおこなうようにしましょう。


ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアは、髪の表面だけに色をつけます。

ですので、髪への負担は少ないですが、黒い髪にはほとんど色をつけることはできません。

ツヤ感は出せますが明るくはできません。ですので、主に白髪の人が髪を染める時に使用されます。

ドラッグストアなどで売られている白髪染めはヘアマニュキアです。

色持ちの期間は3週間程度です。

こちらはシャンプーのたびに徐々に色が落ちていきます。
ヘアマニュキアは自分でも気軽にできますが、頭皮や肌につくとなかなか色が落ちませんので注意してください。

ヘアマニュキアの色持ちを良くさせたい場合は、シャンプーやトリートメントの頻度をできるだけ減らし、お湯洗いで済ませる回数を増やすと長持ちさせることができます。

1日中、室内にいたときなどはそれでも十分清潔でしょう。

妊娠中の方はヘアカラーもヘアマニュキアも控えましょう。諸説ありますが、胎児に悪影響を及ぼしたり妊婦の体質に変化が出ることがあります。


まつ毛を長くする方法

薄い生え際に効く育毛剤トップに戻る