薄毛と遺伝


薄毛が遺伝する確率はどのくらい?


薄毛は遺伝する(遺伝性がある)ことが知られています。

遺伝による薄毛は50パーセント以上だといわれいます。

ですので、必ずしも「父親が薄毛だから自分も…」というわけではありません。

また、実際には父親よりもむしろ母方の遺伝子のほうが強く影響するといわれており、さらに、「親よりも祖父」の影響が強いことも研究により分かっています。

これは、女性=母が薄毛に悩むケースが少ないために、「祖父から隔世遺伝しているように見える」という側面もあります。

遺伝による薄毛の原因は、主に「ジヒデロテストステロンの感受性」「5αリダクターゼの活性の高さ」の2つが挙げられます。

ともに男性ホルモンに関係する物質で、発毛を阻害する物質として知られています。

さらに皮脂の分泌量なども遺伝性がありますし、単に細胞的な遺伝というだけでなく、子供の頃からの生活習慣というのも親御さんの影響を多く受けます。

食べるものだったり、運動や睡眠の週間などの生活スタイルも意外に親からの教育で備わっているものが多いはずです。

それらが育毛にとって悪い習慣だとそれも「負の遺産」と言わざるをえません。

遺伝による薄毛の予防法とは

むしろ、遺伝による薄毛はある程度予見できますから、早い段階から予防対策をしておけばそれだけ薄毛になる時期を遅らせることができます。

60代になってから薄毛になっても、もうそこまで気にする人もいないのではないでしょうか。

いま最も効果的な方法としては、やはり薬の服用が挙げられるでしょう。

ジヒデロテストステロンと5αリダクターゼによる薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、効果的な薬剤が開発されています。

代表的な医薬品としては「プロペシア」と「ミノキシジル」が知られています。
プロペシアは1997年に認可された治療薬で、統計として約70パーセントの人に効果が確認されています。(ただし3年以上服用した場合のデータ)

プロペシアの副作用とは

ミノキシジルが血行促進はもともとは血管拡張剤として開発・服用されていたものですが、高血圧を治療する過程で多くの患者に発毛作用が見られ、AGAの治療薬に転用されたという経緯があります。
ミノキシジルの副作用とは

両者ともに「長期の服用が必要」、「保険が適用されない」という点に留意しなくてはなりませんが効果が期待できます。

医師推奨の副作用のない男性用育毛剤はこちら

薄い生え際に効く育毛剤トップに戻る